MacPortsメモ

まえがき

便利なコマンド達を使うためのパッケージ管理ツール。
参考: 公式ガイド

インストール

  1. Xcodeをインストールする
  2. MacPortsをインストールする

Xcode のインストール

Mac App Store で Xcode をインストールする。
コマンドラインツールをインストールする。

$ xcode-select --install

MacPorts のインストール

対象OS用の最新PKGファイルをダウンロードして実行する。
/opt/local/ にインストールされる。

アンインストール

  1. インストール済みパッケージをアンインストールする
  2. MacPorts一式を削除する

インストール済みパッケージをアンインストール

$ sudo port -fp uninstall installed

MacPorts一式を削除

$ sudo rm -rf \
        /opt/local \
        /Applications/DarwinPorts \
        /Applications/MacPorts \
        /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
        /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
        /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
        /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
        /Library/Tcl/darwinports1.0 \
        /Library/Tcl/macports1.0 \
        ~/.macports

使い方

ヘルプ

portコマンドxxxxのヘルプを確認する

$ port help xxxx

MacPorts の更新

$ sudo port selfupdate

パッケージを検索

普通にport search すると大体余計なものまで引っかかってたくさん表示される。
パッケージ名だけを検索し、簡易表示にする。

$ port search --name --line --glob python*

パッケージの詳細は別途確認する。

$ port info python36

パッケージのインストール

インストールオプションを確認する。

$ port variants python36

インストールする。
必要があればオプションをつける (+xxxx で xxxxオプション有効。 -yyyy で yyyyオプション無効)。

$ sudo port install python36 +readline

パッケージのアンインストール

$ sudo port uninstall python36

インストール済みパッケージの更新

$ sudo port upgrade outdated

おまけ

ビルド中間ファイルを削除する。
ビルドに失敗した場合は、実行した方が良いみたい。

$ sudo port clean

インストール一した全パッケージを確認する。

$ port installed

あるパッケージがインストールしたファイル一式を確認する。

$ port contents python36

補足

  • パッケージ名 -> portname かな?
  • python36 の箇所には 対象 portname が入るんだよ

See also