Waves - Vostokでリースしてみた

Waves Platformの兄弟プロジェクト(?)であるところの、Vostokのメインネットが稼働した。

先日エアドロップされたVostokトークンを少し持っているので、ドキュメント読みつつVostokクライアントを触ってみた。
技術よりな話は別途まとめたいところだが、とてもパーミッションドで一般人にやれることは少なそうなので、とりあえずリースだけしておくことにした。
一応手順は以下の通り。実施はもちろん自己責任。

まずVostokクライアントでVostokアカウントを作成、ログインする。

ログイン後、Vostokロゴの下にあるメインメニューからSettingを選択。
次にロゴの右側に表示されたサブメニューからInfomationを選択。
Vostokアドレスが分かる。

Waves Desktop(またはWeb。モバイルは不明)クライアントを開く。
Vostokゲートウェイ対応しているので、通常のトークン送信操作と同様にVostokトークン送信画面を開く。
Bitcoinなどのその他のゲートウェイ送信と同じく、送信先アドレスに別チェーンのアドレスを入力するとゲートウェイ経由の送信になる。
先ほど取得したVostokアドレスを送信先として、必要な量のVostokトークンを送信する。
Vostokクライアントに戻り、メインメニューからTokensを選択。
Vostokトークンが表示される(受信する)まで待つ。

次にリース先を選定する。
VostokクライアントのメインメニューからDataを選択。
サブメニューの位置に表示されるフィルタでブロックチェーンの情報を検索できる。
Tokensボタンを押すと表示される追加のメニューからUsersを選択。
Permissionsボタンを押すと表示される追加のメニューからMiningを選択。
いくつかマイニングノードが表示されるので、好きなアドレスをリース先とする。
(表示されたレコードのいずれかを選ぶと詳細が表示され、PortfolioタブでVostokトークン所持分とリース分を確認できる)

メインメニューのTokensに戻り、サブメニューにある Leasing ボタンを押す。
追加のメニューが出てくるのでLease tokenを選択する。
Lease画面が表示されたら、Recipient Addressにリース先、Amountにリース量を入力してNextを押す。
確認画面が出てくるので、問題なければさらにNextを押す。
リースされる。

以上。

ところでリースすると何かあるのだろうか。


See also