Waves - Waves KeeperでDAppできるよ

Waves PlatformのMetaMaskことWaves Keeperです。
何に使うものかの説明は不要と思います(若干、釣りタイトルぎみ)が、
簡単なところでは、例えばこういうのですね。

Recipient
3P9biPLmrg7yVUxkehBcy2X2L9w88ZQ7jsG

このブログの人に入力Amount分のWavesが送信されるウェジェットです。
WavesKeeperがインストールされていれば、ボタンを押すと処理を許可/否認するウインドウがでてくるので、どちらか選択してください。
(どうでもいいが、Wavesは投げつけられると痛そうだ)

今のところ、以下ブラウザ向けに用意されています。

ドキュメントは、この辺

あと、中の人がまとめてくれたものがある。
(上のウィジェットはここからもってきた)

使い方を簡単に

WavesKeeper拡張機能がインストールされると、
全てのWebページでWavesという名前のオブジェクトを参照できるようになり、
このオブジェクト経由でWavesKeeperの機能を呼び出せる。

ということで、その有無を確認し、利用可能なら処理をすれば良い。
だいたいこんな感じ。

function transferWaves(transferAmount) {
    if (window.hasOwnProperty('Waves')) {
        var WAVES_ADDRESS = '3P9biPLmrg7yVUxkehBcy2X2L9w88ZQ7jsG';
        Waves.signAndPublishTransaction({
            type: 4,
            data: {
                fee: {
                    assetId: 'WAVES',
                    tokens: 0.001 },
                amount: {
                    assetId: 'WAVES',
                    tokens: transferAmount },
                recipient: WAVES_ADDRESS }
        });
    }
}
  • 全てのトランザクション発行
  • DEXオーダーおよびキャンセル
  • 認証 (Waves Client API の同機能 相当)
  • 任意データ列への署名

あたりの機能が提供されているっぽいので、できないことはないと思われる。
ただし開発用プライベートには使えない(mainnet, testnetの切り替えのみ可能)
Dappとかダッシュボード的なものが増えるかな?

以上。


See also