Codius - 結局、何をするものなのか

以前、Interledgerの中身を調べました。(リンク)
Interledgerを使っていくと言ったCoilさんは、
そのあとインフラとしてCodiusを使うぜ(リンク)と言いました。

この説明を読んで、ぼんやりとした雰囲気は分かったような感じになるのだが、
つまりどういうことなのか? いまいちピンとこなかった。

その後の、中の人がちょくちょく出したチュートリアル等により
ようやく腹落ちした気になれたので、この辺で整理する。

Codiusが何をするのか

Codius = Codiusホストをノードとして構成されたP2Pネットワークで、
Interledgerで支払った金額の分、自分の代わりにDockerコンテナを動かしてくれる。
それも選択した任意の台数のマシンで。

コントラクトを実行する実体はDockerコンテナなので、何でも動く。
開発環境も自由。
コントラクトではなく、プログラムといったほうが良いのかもしれない。

プログラムは、Codiusにアップロードされ支払いが行われると、実行される。
実行は期間を決めて行われ、期限がくるとプログラムは停止し削除される。
延長は可能。

プログラムはランダムなIDを付けられ実行され、外部からはIDを通してのみプログラムを利用できる。
IDはプログラム本体と実行パラメータを用いて暗号学に基づく方法で算出される。
そのため、何が動いているか、偽物、書き換えなどを後から確認できる。
下記と組み合わせて、コントラクトとして振る舞える。

支払いはInterledgerで行われる。
他のプラットフォーム同様、ガスを支払ってプログラムを実行する形となるが、
台帳/ブロックチェーンとは独立しており、どの台帳とも協力できる。
台帳から見たらオフチェーンということになる。
また、支払いは誰でも良い。(プログラムの提供者、利用者を問わない)

Codiusホストには誰でもなれる。
ホストは(やろうと思えば)実行中プログラムの中身を見ることができる。(現状)
プログラムの提供者、利用者は信用のあるホストを選ぶべきである、基本的には。

プログラムは複数のCodiusホストで実行させても良いので、
分散台帳よろしくコンセンサスを取りながら処理を進めることもできる。
分散システムっぽい。その方が標準的な使い方のように思える.

Coilの目指すマネタイゼーションに対して、とても納得のいくCodiusである。

以上


See also