Waves - ゲートウェイが増えるそうで

Waves platformに新しいゲートウェイが追加されるみたいなのでネット上に記事を増やしておこうと思った。

ゲートウェイが増える

Wavesの目指す所についてはうっすら表明されている(リンク)が、
利用者に対して前面に立つブロックチェーンと考えれば、他のブロックチェーン(レッジャー)に繋がるのは大事。入り口としてより良くなる。
現状、流動性はあまりないが、JPYのゲートウェイがあれば、ここから始めたら?と言えるかもしれない。

ところでRippleのはILP的なものになるのだろうか。

トークンエコノミー的な何か

Waves DEXはMatcherごとに独立(過去記事)であって、
新クライアントではMatcherを切り替えられるので、
状況は整っているようなのだが、果たして?
公共の取引所ではscam扱いだが特定の場所では価値が出るようなことはあるのかな?

StellarなんかはOfferからブロードキャストするわけだが、目的の違いか設計的な問題か。

フルノード

大きいところでは、

  • スマートコントラクト(チューリング不完全)がもうすぐ実装される

小さいところでは、

  • データ管理がLevelDBになった。パフォーマンス改善
  • ブロックチェーンのインポート/エクスポート機能が追加された
  • 大量送信(Mass Transfer)用のトランザクションが追加 (feature 3)

あたりだろうか。
あとコンフィグファイルもちょくちょく変更されている。

マイニングの敷居は下がったが収益はあまりよくないはず。
いい感じのノード数が維持されるかやや気がかり。

以上。


See also