Grapheneを知っているか

別のブロックチェーン実装であるところのGrapheneについて。
EOSという、少し話題になったICOを行なっているプロジェクトがあります。
このプロジェクトのリードエンジニア(?)は過去にBitSharesSteemと ブロックチェーンを立ち上げていて、これらのベースになっているのがGrapheneです。 (他にも色々ある)。

正確には把握していないのですが、
一度BitSharesを作った後に、要素技術を抽出+実運用で明らかになった課題等の解決策を盛り込んで Grapheneとして再設計した。
そして、GrapheneをベースにBitShares2.0にバージョンアップした。(速いらしい) Graphene自体は、CRYPTONOMEXという企業の持ち物。

多くのブロックチェーンプロジェクトに実際に使用されており、 ブロックチェーン用のツールキットとしてよく整理されていると思うので、 少し前に紹介したMinChainに飽きたら、Grapheneはいかがでしょうか。

ところで、EOSでICOしているEOSトークンは何の役にも立たないと言われています。
EOSではProof of Stake(正確にはDPoS)を採用していますが、 ここでのステークは新たに立ち上げるEOSブロックチェーン内でのステークであって、ICOしているEthereum上でのトークンではありません。
一応ICOしたトークンのスナップショットからジェネシスブロックを生成する機能が組み込まれているようですが、 それを使うかどうかは立ち上げる人次第ですよね。
そして開発元ではEOSブロックチェーンは立ち上げる予定はないようです。
位置付け的にはGrapheneの流れと同じかな。


See also