感想 - 書籍: アフター・ビットコイン

本を読みましたので感想です。
貨幣、金融、決済システムにブロックチェーン(というか分散台帳技術)が適用されるのは必然であるみたいな話。
そしてビットコインはそれ足り得ない、という話。
デジタル化したものはコンピュータ制御できるようになるので、24時間365日、リアルタイム、全自動など可能になる。
けど、改竄や複製(劣化なく)が簡単に行えるので、そうなったら困るようなものには適用することが難しかった。
ブロックチェーンが改竄、複製をほぼ不可能にしたので、これまではできなかったことができるようになった。
その応用例は色々あって、この本では金融関係に絞っている。暗号通貨だ仮想通貨だとしかみていない人は目を覚ませ、という話。
ビットコインは決済には使われない。より決済に適した分散大腸技術を使うから。
今は色々な実験をしている最中なんだよ、という話。

分野を絞って説明してあるから、
ブロックチェーンは世界を変える。革命なんだ。ということの一旦が、理解しやすいのではないでしょうか。


See also